「第ニ回世界のテーブルゲームを遊び尽くせ(前編)」 感想

Pocket

こんばんは、ギサワです。

今回は久々にテレビ記事を書こうかと思います。

ダウンタウン派の私とボードゲーマーの私、どちらの私も見逃せない・・・ガキの使い「ボードゲーム回」!!
前にガキの使いでやってたボードゲーム特集・・・もう二回目は無いだろうなんて思っていたらまさかの前後編に及ぶ大作です
これは心が躍ります!

この回で、ガキ使メンバーが遊んだタイトルは5つ
「デジャブ」「スピードカップス」「WEWILLROCKYOU」「ダンシングエッグ」「ライトニングアクションリローデッド」

デジャブ

記憶力を試すゲームです。
浜田が何もせずに圧勝していたゲーム・・・凄く楽しそうだった。
やっぱりエンターテイナーだなぁ
これは、2回3回と繰り返していくとより苦しくなってくるゲームですね
買い決定です!!

スピードカップス

反射神経テストみたいなゲーム
これまた浜田が圧勝していました
カードをめくってその色と同じカップを重ねる・・・何を書いているかは謎ですがそんなゲームです(笑)

WEWILLROCKYOU

リズムゲーです
リズムに合わせて配られたカードと同じポーズをとるといったもの・・・浜田のワンテンポ遅れに突っ込んだ方正ではらちぎれるほど笑いましたわ

ダンシングエッグ

素晴らしいパーティーゲーム
松本を中心としたミニコントが繰り広げられていて面白かったです。
ボールを脇や首にはさんでコケッコッコー・・・そんなゲームです!!

二度とやらないと思いますけど(笑)

ライトニングアクションリローデッド

ビリビリゲーム
音が鳴りやんだ時に指を話すのが遅かった人がビリビリ・・・そんなゲーム
この機械、ビリビリが続くようなのでゲームが終わっても片付けはスグできないですね

次週はブロックスが映っていたので、次はもっと私が想像しているボードゲームよりになるんですかね、楽しみです。

久々に観たけどやっぱりガキの使いは面白いですね