デジャブ:これ前みたやつやん・・・漫画棚を思い出すそんなゲーム

Pocket

こんばんは、ギサワです

このゲームとの出会いは・・・テレビ!!
意外なところで出会ったボードゲームです。

でも、思い返してみるとテレビの影響で買うものって少なくないと思うんですよね
そう思うとテレビ離れなんて言っていてもまだ影響力はあるんだな・・・と
(単に影響されやすいズブズブ野郎という説もありますが)

まぁ、そんなこんなで早速遊びました・・・こういう行動ははやいんだよなぁ
とか思ってたけど、思ったその日に飛行機とったりしてるから概ね早い気がする(笑)

というわけで、今回紹介するのはあの大人気バラエティ”ガキの使いやあらへんで!”で紹介された「デジャブ」です


何というか、派手な見た目で食欲をなくす見た目をしていますね。
大体そういうものの方が面白いと相場が決まっているので楽しみです・・・チョコミントとかね

目次

デジャブはどんなゲーム?

基本情報

  • プレイ人数:2~6人
  • 対象年齢:8歳以上
  • プレイ時間:15分

最近気づいたんですが、このプレイ時間は全てのラウンド終了までやってこの時間になるらしいです
「デジャブ」だと3ラウンド行うのですが、3ラウンドすべて行って15分!
これはお得(体感だともっと早く感じますが・・・

感想

正直カード覚えておけば良いんでしょ・・・余裕、余裕!!
甘かった・・・カードを覚え置くのは第一段階でした、やつはまだ変身を残していました

私気付いたんです、そもそもタイルの位置を覚えておかないと結局取り負けるという事実にね・・・
さらに、一ラウンド終わるたびに、タイルの位置も変わるし、カードもリセットされるし、抜かれるカードも変わるし・・・世界がぐちゃぐちゃだよ!!
難しいぞ、キャッチーで簡単だけど難しいぞ「デジャブ」
キャッチーで簡単だけど難しい、まるでクレーンゲームのようじゃないか・・・まさしく「デジャブ」

攻略法としては、賢くなる!!
・・・私が勝てる日は来るのだろうか(笑)

内容物

  • カード × 36
  • タイル × 36

タイルとカードがまさかの同数・・・そんなゲーム今までありました?
そもそもやった数が少ないというツッコミはなしの方向でお願いしますね

コンポーネント


タイルが意外としっかりと厚紙ですよこれ・・・アメリカっぽい絵も描いてあってグッド!!
ちなみにこのタイル外すのが気もちいタイプのつき方でした

ルール

インストは10分でおつりがくるレベルです

セットアップ


画像であらわすとこんな感じ、山札とタイルをササッと配備

①まず裏向きの36枚のカードから3枚適当にカードを抜きます、そして真ん中に裏向きに配備します

②タイルは全てぱらっと周りに置きます。

準備完了・・・今までで一番簡単じゃないか、最高!

勝利条件

ゲーム勝利条件
 山札がなくなった時に失格になっておらず、タイルを一番一杯持っていること
 デジャブを乗り越え本当の審美眼を誇り勝利を確信するのです╭( ・ㅂ・)و̑ グッ

ゲームの流れ

①山札をめくります(山札からめくったカードは上に重ねていきます。その時下のカードはゲームが終わるまで何人も見れません)

②絵が描いてありますので、山札から出た絵が2回目だったならばタイルをとります・・・①に戻る

簡単!!
ちなみに、2回出ていないタイルをとってしまった場合失格です!・・・失格です!
2回とったかどうかは山札をめくった時にすでに手持ちにいたらそれが、犯人です

プレイ動画

撮ってみたいものです!