ドミニオン初版:サプライカード紹介 コスト2

Pocket

こんばんは、ギサワです。

以前書いた記事にて、他のサプライカードは個別に書くといっていたので書いていきたいと思います。
http://gisawa.parallel.jp/2018/08/22/dominion/

今回はプレイヤー目線での評価と領主目線の評価を軸にやっていきます。
プレイヤー目線の評価は☆であらわして、下記が基準になります(ただ、私の考えはドミニオン大会最下位という事をお忘れないように)
コメントでイヤイヤ、その使い方は無い(笑)みたいなのあればどんどん書いて下さい
★☆☆:使う必要性があまりないレベル
★★☆:他のと組み合わせたら使えるなレベル
★★★:とりあえず、とってみようレベル

領主目線とは、ドミニオンのゲーム設定が「親から譲り受けた領土を大きくしよう」というもののため、領主の考えではこんなことを思って拡大するんだろう・・・というお遊び目線です。

【掘】★★☆
★理由:アタックカードがある場合はそれに対して何か対応する必要がありますよね?
対応は、攻撃を受けることを防ぐ、攻撃を受けた後に何らかの対処するの2パターンがありますが、堀は前者としてとても優秀なカードです(やらせねぇよ)。
すべてのアタックカードに対応できるため汎用的に使える良カードです。
さらに、自ターンにはアクションカードとして使用できるので一石二鳥感が良いです・・・いや、初版では唯一のリアクションカードだからレア度も高いし、一石三鳥です。
ただ、アタックされるときに手札にないことが多いと思われがち・・・それは、来ない時の印象が強く残ってるだけですよ、マーフィーの法則ですよ。

「僕は領主になった・・・屋敷と微々たるお金、これだけでは他の領主に攻められたらひとたまりもない。
どうしよう、そんなときに風の噂で格安で掘を造れるという事を知った。
僕は迷いもしなかった・・・そうだ、堀を造ろう!!」

【地下貯蔵庫】★☆☆
★理由:手札を捨ててその分引けるカードです。
手札が5枚とかだとあまり恩恵を受けないですが、これが6枚、7枚,14枚となっていた時すさまじい効果を発揮することでしょう。
手札が多ければ多いほど手札交換ができるすごいカードだ!って私もはじめは思いました。
でも、意外とそんなに手札いっぱい交換したいなぁなんて思うこととかないんですよね・・・デッキを全て覚えて手札にくるカードの期待値なんか計算する分にはつかえるのでしょうかね?
なんにせよ、上級者向けのカードな気がします。

「領主、それは成功者。
地下帝国を造ることはできなくとも、いざという時に食料をためておける地下貯蔵庫はほしい。
一揆とか怖いし、今後発展させた時のことも考えると必要になるだろう。
そうして僕は、格安で地下貯蔵庫の建設を行った」

【礼拝堂】★★★
★理由:手札を最大4枚破棄することができる。
このカードを使えばデッキからいらないカードを減らすことができるんだから、そら強いです。
例えば、このカードがあれば金貨だけでデッキを回すことだって夢じゃないんですよ。
ただ、最初のうちは重宝するんですが、最後の方はこのカード自体が邪魔になります・・・ただし、微々たるものですけどね。
とりあえず、とっといたらいい感じにデッキを圧縮できる良カードです。

「礼拝堂を建てた・・・僕の領地には信仰心の高い人が来てもらったほうが良いからね。
ただ、この礼拝堂を建てた理由は別にあったんだ・・・そう、僕がいらないものを廃棄してくれるんだ、屋敷だって、銅貨だって、宰相だってね・・・
領土の拡大は白いことだけではやっていけないんだよね・・・
そんな、怪しい礼拝堂が格安で建てられるんだから、良い時代だよな」

格安(コスト2)で買えるものを紹介しましたが、結構強力なものが多いためドシドシ使っていきたいですよね!
そして、領主はさらなる高みを目指して新しい領土の拡大、発展を目指すのであった!
次回に続く


第二版ですが、今から始める方はこちらのほうが良いですよ!