ドミニオン初版:サプライカード紹介 コスト4

Pocket

こんばんは、ギサワです。

以前書いた記事にて、他のサプライカードは個別に書くといっていたので書いていきたいと思います。
http://gisawa.parallel.jp/2018/08/22/dominion/

今回はプレイヤー目線での評価と領主目線の評価を軸にやっていきます。
プレイヤー目線の評価は☆であらわして、下記が基準になります(ただ、私の考えはドミニオン大会最下位という事をお忘れないように)
コメントでイヤイヤ、その使い方は無い(笑)みたいなのあればどんどん書いて下さい
★☆☆:使う必要性があまりないレベル
★★☆:他のと組み合わせたら使えるなレベル
★★★:とりあえず、とってみようレベル

領主目線とは、ドミニオンのゲーム設定が「親から譲り受けた領土を大きくしよう」というもののため、領主の考えではこんなことを思って拡大するんだろう・・・というお遊び目線です。

という定型文をコピペしたところで、ドミニオンのカード紹介も佳境に入ってきました。
ドミニオンのコスト4と言ったら花形ですからね。
私も、気合入れて書きます。

【庭園】★★★ or ☆☆☆
★理由:庭園プレイというものがあるくらいポテンシャルを持つカード。
カードを買って買って買いまくる富豪プレイを楽しめるのも庭園プレイの美味しい所。
ただ、圧縮プレイをするならここまで必要のないカードも中々ないです。
なのでこの極端な星のつけ方にさせてもらいます。

「僕の領土はどうやら血なまぐさいことになってしまいそうだ・・・庭園でも整えて心を落ち着けよう。
庭園を一杯作ったら凄く心が落ち着くし、周りからの評判も良いし造ってよかったな」

【金貸し】★★☆
★理由:初期はやっぱりお金がかかるんですよ。
銅貨を廃棄して3金もらえる・・・これって圧縮にも一役買ってるんですよ。
早い段階から高コストのカードが買えるので良いカードです。
ただ、終盤は銅貨を持ってることって、ほぼないと思うんですよ・・・そうなると、邪魔!!の一言に尽きるのがこの”金貸し”というカードかと思います。

「僕には必要ないけど、民には金貸しは必要だろうな
なんて思って招いたけど、まさか僕がこんなに借りることになるとは・・・でもコイツのおかげで領土も反映しているし、まぁいいか」

【祝宴】★☆☆
このカードを廃棄することで5コストまでのカードを貰える。
・・・うん、なんか二度手間な感じがするのだけれどもどうなんだろう?
コスト6までならすごく良いカードだと思う。
“玉座の間”を使うと一枚の廃棄だけで2枚カードがもらえるのは魅力的ですけどね

「これは、めでたい!!
さぁ、祝おう・・・一回きりだけど大々的に開催しよう!!
・・・開催して良かった、お礼で良いものがもらえてぞ」

【鍛冶屋】★★☆
手札がふえるということはそれだけで出来ることがそれだけ可能性が増えるカード。
村と鍛冶屋のコンボは基本中の基本・・・で、結局基本は強かったりするんですよ。
ドミニオンの手札をまわすという醍醐味を味わえる良カードです。

「軍備を拡大するには武器は必要不可欠!!
鍛冶屋に武器を造ってもらって、余ったものは売ってお金にする。
僕の領地にまた素晴らしい人が来たな、やはり人材は宝だな・・・それはそうと改築の話があったな・・・」

【役人】★★☆
銀貨が簡単に手に入る優良カードです。
村→役人→村と使ったら2金が必ず手札に来るように出来ます・・・役人コンボです!
まぁ、上のコンボは微妙ですが、相手の勝利点カードを山札に戻させたりできるので微妙な嫌がらせが可能です。

「役人仕事だな・・・すぐに金をくれれば良いものを・・・”振り込むのが規則になっていますので”じゃねーんだよ
その金があればもっと良い領土に出来たことなんて一度や二度じゃないんだぞ・・・僕の領土に役人は合わないのかもしれないな・・・」

【泥棒】★★☆
大好きなこのカード!!
人の金貨やら銀貨を盗んだり、捨てさせたりするカード・・・自分に被害がないのに利益だけあるすごいカードです。
ただ、終盤は金貨などが必要でなくなってむしろかさばるので・・・ただ、因果応報でやり返されることが多いのがこのカードです。
ドミニオンのアタックアクションをやっても、やられても楽しめる良質な1枚です。

「最近泥棒が出るって聞いたんだ、僕の領地じゃないけどね
泥棒が出た噂のあった次の日には僕の領地のはずれに金貨や銀貨があることがあるんだよね・・・まぁ、僕に損が無ければよいんだよ、ハハハ
あれ?・・・金貨が無くなっている!?」

【密偵】★★☆
より高度な戦略が練りたい方はこのカードを使うと良いことが起こるでしょう。
次のカードが何か分かるし、邪魔なカードなら捨て札に出来るので事故になる可能性が低くなります。
+アクションがついているので他のアクションカードの前に使うのか、後に使うのかが悩ましい良カードです。

「えっ、金貨が近くにあるって・・・なるほど、なるほど
そう遠くないうちに領土の拡大が出来そうだな、密偵は屋敷を持ってきたけれど手土産としては上々だな
ん?遠くに屋敷がいっぱい見えるな(つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚) ・・・」

【玉座の間】★★★
★理由:大好きなカードです!!
正直この星3は贔屓目にみているかもしれません。
玉座と他のカードを組み合わせて出せた時の爽快感は他のコンボの追随を許しません!!
爽快感の味わえる良カードです。

「別に僕は帝王ではないけれど・・・まぁ、そうなるし玉座の間をつくったって問題ないよね
玉座からの命令だと民がよく言う事をきくんだよね、いつもの2倍は働くよ
色は赤を基調とした造りにして、3倍働くようにしたいよ(笑)」

【民兵】★★☆
相手の手を伸びさせなくする+自分は2金得られるという破格のカードです。
相手のコンボをつぶそうとして何枚使ったとしても、効果が”相手の手札を3枚にする”なので、3枚より少なくすることはできません。
それでも、+2金の効果は重複して得られるので損はないですが複数枚入れるメリットもさほどないかと思います。

「僕の領地も大きくなりつつあるので、そろそろ他の領地に対して攻撃する手段を考えなければな・・・軍隊でも備えるか
そういえば、厳つい民がいたな・・・あいつに攻めさせるか」

【改築】★★★
このカードはすごい!!大賞2018です。
廃棄したカードより+2コスト大きいものをとれるんですよ・・・つまり、金貨(6コスト)を廃棄して属州(8コスト)をとったりすることも可能なわけです。
もちろん、4コストの要らなくなったカードで金貨をもらったりいつでも使える良カードです。

「そろそろ屋敷が古くなってきたんだよな・・・建て替えるか
改築見積もり出すと・・・えぇ、宰相・・・なんでぇ・・・
とりあえず、僕の領地では錬金術のような改築ができるんだな・・・」

さすがのコスト4ですね。
書くのに時間がかかりました
ドミニオンの戦略はコスト4で決まると言われていますからね(どこでだ

やっぱり書いていて思うのは★3つで表すには限界があるのではないかということ。
拡張のカード紹介をするときは見切り発車じゃなくちゃんと考えて書きましょう!!

コスト5に続く