【ゲームマーケット2018秋】アークライト 福箱開封!!

Pocket

こんばんは、ギサワです。

今回はゲームマーケット2018秋の記事になります。
だいぶ色々あったので複数に分けて書いていこうと思います。

まず、今回私の第一の目的であった、アークライトさんが出している福箱について記事にします。
いいよね、運試し!!

有田ミカンくらいの大きさの箱に入っています。
値段は1つ5000円、情報が中々でなかったので10,000円か20,000円か?と疑っていた私にとっては結構安いラッキーという訳わからん思考に陥る値段です。(改めて考えると高いよね)
私が会場についた(チケットを買った)のは、開場13分前ですので正直買えるか微妙なところでした。
実際私が買えた時は5個くらいしか残ってないんですよ。
本当に心臓がバクバクもんですわ・・・危うく、一つ前で売り切れるという漫画みたいな経験をするところ。
そんな事になったら朝一から涙がホロリとほほを濡らしますよ。

無事買えたので、入っていた3つのボードゲームをご紹介します。

一つ目は「ウーシュ」。
モンスターハンターなボードゲームのようである。
初めて見ましたが、絵が凄く好みなので是非遊んでみたいと思うなぁ。
2-8人なのでゲーム会でも活躍出来そうですしね。

二つ目は「コーンウォール」
農業系ゲーム好きな私にとっては良いのでは?
やってみないと分からないけれどもこれも2人から出来るから一度2人で遊んでみよっと
ちなみに、コーンウォールはイングランドの地名ですよ。

三つ目は「センチュリー:ゴーレム」
システムは好きなゲーム・・・何で?そんな言い方するかっていうと同じシステムで世界観の違う「センチュリー:スパイスロード」というゲームがあるのですよ。
ゴーレムももちろんうれしいんだけれど、なんかこれだけは欲がでてスパイスロードが良かったなぁとおもっちゃう

アマゾンの値段と比べても3,000円以上お得なんですよね。
たまに、福袋否定派の方もいますが、私は自分で買うなら好きなジャンルしか買いませんし、手に入ったら縁を感じてやるタイプなのでそういうのも込で私は福袋は好きなんですよ。こればっかりはやめらんねぇ。

あと一つ次のゲムマでも売られるとしたら耳よりな情報を一つ。
箱は会場で潰して中のものだけ持ち帰るという方法が出来る(会場に段ボールの回収箱があるため)ので、最初に買っても普通にボードゲームが3つ増えるだけで済みますよ。

次回は”テンデイズゲーム”について書きますb

↓(福袋に入っていたもののAmazonリンク)

オススメセンチュリー