【感想】犯人は踊る:初心に戻って書いてみた

Pocket

こんばんは、ギサワです。

今回は初心に戻って、私の心に初めてパンチを打ち込んできたボードゲームを紹介します。
ボードゲームと認識して遊んだのはこのゲームが最初だと思います。
紫色ですごくキャッチーなあのゲームです。

「犯人は踊る」です。
私の持っているのは、第三版です。

第一版のカードの裏面が凄く恰好良かった気がします。

犯人は踊る 第一版
(画:すごろくやHP参照)

「犯人は踊る」とは?

犯人は踊るってどんなゲームかというと、みんなが金田一少年やコナン少年になれるゲームだ!!
勿論、犯人の犯沢さんにだってなれちゃう!!

犯人は犯人側として探偵にばれないように勝ちを目指し、犯人以外は探偵として犯人を当てることを目指す。
ただ一つ、犯人はゲームが終わるまでどんどん変わっていきます。
自分の役割を確認して勝ち筋を考えていきましょう!

基本情報

対象年齢 8歳以上
時間 10分程度
人数 3~8人
メーカー すごろくや
デザイナー 鍋野ぺす
イラストレーター 鍋野たま


“犯人は今日この集まったこの中にいます”・・・大体そういうこという奴が犯人なんですけどね。

カードの種類

カードを使って遊ぶゲームです。
曰く、ミステリーカードゲームです。

事件を語り始めるカード

【第一発見者】

効果:スタートプレイヤーとしてこのカードを出す。出すときにどんな事件が起こったか伝えよう。

スタートプレイヤーの時に事件で何を話すかが一番緊張する。
こまったらとりあえず地球温暖化の犯人を探すことにしている。

犯人になれるカード

【犯人】

効果:最後に出すと勝ち。手札で最後の1枚じゃないと出せない。

出す時勢いよく出しがち!
なんなら2手番前くらいの人から勢いよく出すためにちょっとカード高めにしてる。

カードのデザイン的に一番好きなカード。
めちゃめちゃ誤魔化すの下手で笑う。

【たくらみ】

効果:出したプレイヤーは犯人の味方になる

探偵側に見限りをつけると犯人側になるというのは賢い選択だと。
どっちが勝つかわからないから保険として最後まで持ってることが多い気がする。

でも、たくらんどいて結局犯人という頭脳犯もいるので注意が必要。

犯人を捜せるカード

【探偵】

効果:犯人カードを持っているを摘発することができる。(1巡目は出せない)

手札がすべて探偵の場合、その探偵は一般人となるという話を聞いて悲しくなった。
要は一番無能な探偵は一般人と変わらないということだ。

勿論、犯人側が探偵ぶって適当な人を指定することも可能なんだけど、たまに事故が起きるんだよね
写真の上の段の探偵は有能そうなんだけど、下段の探偵は無能そうですよね笑

【少年】

効果:全員を机に伏せさせて、犯人に手を上げさせる・・・犯人を持っている人が知れるカード

犯人を知ったときに探偵側に着くか?それとも犯人側になるかが悩める良いカード。
大体犯人側で勝ちたくなる気持ちが勝つんだけどね。

てかこれコ○ン君じゃない?コ○ン君は犯人を知った状態で推理している・・・もしかして犯人とズブズブの関係なのか?

【いぬ】

効果:ほかのプレイヤーのカードを引く。そのカードが犯人だったら勝てる

犬は結構探偵より有能だったりする・・・けど、探偵が犬に負けるのはなんか悲しい。

犬で一発勝負のギャンブラーもありっちゃありなんだよね、8人戦でそれが出来たらヒーローだと思う。

みんなを躍らせるカード

【うわさ】

効果:全員、右隣に座っている人からカードを1枚引く(要はババ抜きですね)

大体大事にしているカードを持っていかれる・・・マーフィーの法則ってやつですかね。
自分から見て左側のカードと真ん中のカードが持っていかれる率が高いので、右側に持っておきたいカードを配置するのはお勧めだよ(責任は取りません)

【取引】

効果:ほかの人ひとりを選択して、自分で選んだカードと相手が選んだカードをこっそりと交換する

大体一般人が渡される、次点でうわさですね。
犯人が踊ることもあるけれど取引で踊るのはサラリーマン、要は一般人ってわけですね。

その他のカード

【アリバイ】

効果:犯人カードを手札に持っているとき + アリバイカードを手札に持っているときに探偵に犯人と言われても犯人ではないと言うことが出来る!

初期はルールをちゃんとわかってなくて「アリバイとかなんの意味もないカードやんけ」と思い自分の番に速攻捨ててたカードでした!
でも、アリバイが手札にあれば探偵に「貴方が…犯人ですね(キリッ」っと言われても犯人を手札に持っていても「眼科紹介しますよ(ニコッ」と言って事なきを得れます。
あと、アリバイを先に捨てると犯人なのでは?と疑われることが増えたように思えます…以外と玄人好みのカードなのかも知れないですね!

【目撃者】

効果:ほかの人の手札をすべて見る

犯人を見つけると、俺は味方やで・・・とアイコンタクトを送る。
もちろん、探偵で指さしますけどね。

【一般人】

効果:だしても何も起きない。だしても何も起きない。

これは外れカード・・・とりあえず最初に処理しておく気がする。
最後まで一般人を持っているとしたら、もはや狂人

ルール

1.1人4枚になるように手札を配っていく
 プレイ人数により必須のカードは決まってます。
 3人:第一発見者、犯人、探偵、アリバイ + 自由に8枚
 4人:第一発見者、犯人、探偵、アリバイ、たくらみ + 自由に11枚
 5人:第一発見者、犯人、探偵、アリバイ×2、たくらみ + 自由に14枚
 6人:第一発見者、犯人、探偵×2、アリバイ、たくらみ×2 + 自由に16枚
 7人:第一発見者、犯人、探偵×2、アリバイ×2、たくらみ×2 + 自由に19枚
 8人:全カード使用

2.自分の番になったらカードを1枚出し、カードの効果を発動する。

以上!
物凄く簡単です!

感想

初めて遊ぶ人とかに大体2作品目として出すことが多いです。
犯人のカードを持つと知らず知らずのうちに本当に犯人のような顔になりますよね。

ババ抜きを変形させたようなルールですごくやりやすい。
ただ、説明は何気に面倒なゲームだったりします。
犯人側で勝つことをロマン勝ちと言ってよく狙いますがわりかし犯人勝つこと多いんですよね、このゲーム。
推理を楽しむゲームではあるけれどもどちらかというとパーティー色の強いゲームという印象です。

アイスブレイクにピッタリとは言いませんが、楽しめるゲームです。
ちなみに、この「犯人は踊る」ですが、”放課後さいころ倶楽部”のブルーレイボックスの特典にもなっています。
勿論、書下ろしバージョンです!どんなふうになっているか楽しみですね!