【所持ボドゲ紹介するだけvol.10】『フレスコ ダイスゲーム / FRESCO The Dice Game』

ボードゲーム

また、僕たちはフレスコ画を修復するんだ。
もう、フレスコ画修復するの何回目だよ・・・よしっ、賭けよう!
あいつがフレスコ画を完成させることに全Betだ!
本記事では『フレスコ ダイスゲーム / FRESCO The Dice Game』の概要と気になったことを紹介します!

『フレスコ ダイスゲーム / FRESCO The Dice Game』とは

人数 2-4人 ベストプレイ人数 -
年齢 8歳以上 時間 30分程度
製作者 Marco Ruskowski, MarcelSüßelbeck 出版社 Queen games
言語依存 初回プレイ時間 未プレイ
ジャンル サイコロ
備考 『フレスコ カードゲーム / FRESCO The Card Game』とセットです
販売

ゲーム準備

ゲームコンポーネントとセットアップ

まずは、共通の場の準備をします。
中央に「ゲームボード」を配置し、隣に「サイコロ」「好意タイル」「司教コマ」を配置します。

「ゲームボード」上に種類ごとに「フレスコ画タイル」を配置します。
「フレスコ画タイル」は数値が高いタイルを下にして重ねておきます。
プレイ人数によって、上から「フレスコ画タイル」を除去します。

3人プレイの場合は1枚2人プレイの場合は2枚を箱に戻します。

プレイヤー人数に応じて「肖像画タイル」を準備します。
裏面にプレイヤー人数が記載されているので参照してください。

次に個人の準備です。各プレイヤーは色を選びます。
その色の「画家ミープル」「画家ボード」「Betトークン」を受け取ります。
受け取った「画家ミープル」を勝利点トラックの0(階段の場所)に配置し、「Betトークン」を「画家ボード」に重ねて配置します。

スタートプレイヤーには「パレットタイル」を受け取ります。

これで準備は完了です。

『フレスコ ダイスゲーム / FRESCO The Dice Game』のルール

スタートプレイヤーから始まり、時計回りに進みます。
各プレイヤーの手番は以下の4つのフェーズで構成されています。

1.「好意タイル」を割り当てる
2.「司教コマ」を配置
3.「Betトークン」を配置して、「サイコロ」を振る
4.勝利点の計算をする

「好意タイル」を割り当てる

「好意タイル」は、勝利点が一番低いプレイヤー、もしくは一番高いプレイヤーに授与されます。
どちらも、プレイヤーが唯一の場合にのみ与えられるため、最下位もしくトップが複数人いる場合は「好意タイル」は与えません。
「好意タイル」はラウンドの間、プレイヤーの前に置かれ、フレスコ画を修復した時に恩恵を与えます。

「司教コマ」を配置

手番プレイヤーは「司教コマ」を獲得し、「ゲームボード」上にある5つの"司教スペース"から1つを選んで「司教コマ」を配置します。
「司教コマ」は配置されているスペースの「フレスコ画タイル」を修正したいことを表しています。

「Betトークン」を配置して、「サイコロ」を振る

「フレスコ画タイル」を復元するには、手番プレイヤーは「サイコロ」を3回転がし「ゲームボード」上の「フレスコ画タイル」の隣に記載されている数字を一致させる必要があります。
手番プレイヤーが「サイコロ」を振る前に、手番以外のプレイヤーは手番プレイヤーが3回中何度成功するかを賭けることができます。

賭けをするとは

手番以外のプレイヤーは、以下の3パターンのうちの1つに賭けることが出来ます。

1.)手番プレイヤーは、「司教コマ」が配置されている「フレスコ画タイル」を復元することに成功する。

2.)手番プレイヤーは、「司教コマ」が配置されていない他の「フレスコ画タイル」のうちの1枚を修復することに成功する。

3.)手番プレイヤーは「フレスコ画タイル」を復元せず、代わりに「肖像画タイル」を描く。

手番以外のプレイヤーは手番プレイヤーが3回「サイコロ」を振るまで賭けるチャンスがあります。
具体的には1回目のサイコロを振る前、2回目のサイコロを振る前、3回目のサイコロを振る前にあります。
ただし、賭けることが出来る回数は1度だけです。
勿論リスクをとって早い段階で賭けた方が勝利点が高くなります。

手番プレイヤーは「サイコロ」を振る前に賭けるかどうかを他のプレイヤーに確認しましょう!

1.)手番プレイヤーが1回目のダイスを振る前に賭けをする場合、賭けるプレイヤーは「画家ボード」の左上のスロット部分に「Betトークン」を裏向きに置きます。
賭けが成功した場合、賭けていたプレイヤーは3勝利点を獲得します。

2.)手番プレイヤーが2回目のダイスを振る前に賭けをする場合、賭けるプレイヤーは「画家ボード」の真ん中上のスロット部分に「Betトークン」を裏向きに置きます。
賭けが成功した場合、賭けていたプレイヤーは2勝利点を獲得します。

3.)手番プレイヤーが3回目のダイスを振る前に賭けをする場合、賭けるプレイヤーは「画家ボード」の左上のスロット部分に「Betトークン」を裏向きに置きます。
賭けが成功した場合、賭けていたプレイヤーは1勝利点を獲得します。

「サイコロ」を振る

手番プレイヤーは、「サイコロ」を3回振ります。
最初に振る時は全ての「サイコロ」を振ります。
その中から「数字サイコロ」を1つ獲得します。
もし、その時に獲得した「数字サイコロ」と同じ色の「色サイコロ」があれば、「色サイコロ」の1つもしくは2つを獲得することもできます。

2回目は獲得している「サイコロ」以外を振ります。
その後同様に獲得をして、3回目も同様に繰り返します。

「色サイコロ」は同色の「数字サイコロ」の数値を1つで2倍にして、2つで4倍にします。

3回「サイコロ」を振った後、「サイコロ」の数値を合計して成功したかを確認します。

プレイヤーが「好意タイル」を持っている場合、数値の合計を+1もしくは-1にすることが出来る。

手番プレイヤーの数値の合計が、"8","13","16","19","24"の場合、「ゲームボード」に記載されている「フレスコ画タイル」から1枚獲得します。
「画家ボード」上にフレスコ画が見える様に配置します。

手番プレイヤーの合計が"9~12","14~15","17~18","20~23"の場合、「ゲームボード」の対応する数値の「肖像画タイル」を獲得し「画家ボード」の上に配置します。
合計が8未満または24以上の場合は、何も受け取りません。

手番プレイヤーの合計で獲得できるタイルがすでに修復した「フレスコ画タイル」、「肖像画タイル」の場合何も受け取りません。

勝利点の計算をする

手番プレイヤーから勝利点の計算をします。
「フレスコ画タイル」を「画家ボード」に配置できた場合、「フレスコ画タイル」に記載されている勝利点を獲得します。
さらに、完成させた「フレスコ画タイル」の地区に「司教コマ」がいる場合、追加の3勝利点を獲得します。
「肖像画タイル」を完成させていた場合は、「肖像画タイル」に記載されている勝利点を獲得します。

次に、賭けが成功したプレイヤーは勝利点を計算します。
1.)「サイコロ」1回目の前に賭けていた場合、3勝利点を獲得します。
2.)「サイコロ」2回目の前に賭けていた場合、2勝利点を獲得します。
3.)「サイコロ」3回目の前に賭けていた場合、1勝利点を獲得します。

手番プレイヤーが「フレスコ画タイル」の配置や「肖像画タイル」の配置ができなかった場合、プレイヤーは勝利点を獲得することはできません。

各プレイヤーは勝利点をトラック上で表現します。
もし、「フレスコ画タイル」が無い場所に「司教コマ」が移動した場合、まだ「フレスコ画タイル」が存在する場所に移動させます。

最終得点計算

あるプレイヤーが「画家ボード」上ですべての「フレスコ画タイル」を修復、もしくは、5枚の「肖像画タイル」を描いた場合、そのラウンドを最後まで実施してゲームを終了します。
終了条件を満たした全てのプレイヤーは、ボーナスとして「肖像画タイル」を1枚獲得して勝利点を得ます。

ボーナスとして受け取れる「肖像画タイル」は1枚だけです

最後はさらに女性と男性の「肖像画タイル」のペアごとに結婚ボーナスとして対象の「肖像画タイル」の得点を再度得ます。

最終的な勝利点が一番多い人が素晴らしい画家であり、ゲームの勝者となります。

ゲーム感想

2人で遊ぶと30分くらいで終わるしお手軽

だと思います・・・とは言えまだ遊んだことがないので遊んだら感想書きます。

『フレスコ カードゲーム / FRESCO The Card Game』は?

まだ、和訳が出来ていなくて・・・出来たら書きます。
なんなら、『フレスコ / FRESCO』も遊んだことないです。

この記事を書いた人
gisawa

ダイス大好きボードゲーマーです。
本質的に運だけで生きているのでそんな深いことは書きませんが、もしやたら詳しいブログが書かれたら勝手に誰かに勝負を挑んでいるだけです。
新作の情報とかよりかは自身が遊んだゲームについてゲーム紹介をしていきます。
自身のゲーム会用のサマリーなんかもアップロードしてたりします。
よろしくお願いします。

gisawaをフォローする
ボードゲーム レビュー・感想
スポンサーリンク
gisawaをフォローする
ギサワログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました