【ゲーム紹介】『11ニムト! / 11 nimmt!』 : 牛がいたら牛を捨てれる牛捨て山

ボードゲーム

雄牛がいれば牛をより捨てれるって怖くね?

本記事では『11ニムト! / 11 nimmt!』の概要と気になったことを紹介します!

『11ニムト! / 11 nimmt!』の基本情報

11 nimmt!
11ニムト!
Wolfgang Kramer
s
箱絵
人数 2-7人
年齢 8歳以上
時間 30分程度
出版社 AMIGO, メビウスゲームズ
言語依存
ジャンル ハンドマネジメント
備考
ニムトシリーズ
私の好き度(未プレイ)
0
映え度(未プレイ)
0
計算量(主観)(未プレイ)
0
説明難易度
1.5

『11ニムト! / 11 nimmt!』は基本的に手札からカードを1枚出すだけのゲームです。
軽い駆け引きなどは健在でゲーム慣れしていない方から、カード内容もばっちり覚えていますっていう方まで幅広く楽しめるゲームになっています。
ニムトシリーズとして有名なのは『6ニムト! / 6 nimmt!』なんかがありますが、拡張ではなく別パターンの新ゲームになっています。

『11ニムト! / 11 nimmt!』のゲーム準備

まず「牛カード」を初期手札として10枚受け取ります。

残りの「牛カード」は山札として裏向きでテーブル真ん中に配置します。
山札の上から捨て山として山札の上から1枚カードをめくって、山札の隣に配置してください。
最後に「雄牛カード」を山札のそばに配置してください。

準備はこれだけです。

『11ニムト! / 11 nimmt!』のルール説明

『11ニムト! / 11 nimmt!』の自分の番にやることは下記の2つだけです。
1.手札から捨て山に「牛カード」を配置する。
2.捨て山を引き取り手札にする。

1.手札から捨て山に「牛カード」を配置する。

手札から捨て山に「牛カード」を配置します。
基本的に配置できる「牛カード」は1枚だけです。
最初は捨て山は1か所のみですが、ゲームが進むにつれ捨て山が増えてきます。
配置する捨て山はプレイヤーが自由に選択することが出来ます。

勿論、「牛カード」を捨て山に配置するときに守らなくてはいけない3つのルールはあります。

1.捨て山の一番上の数字よりも大きい数でなくてはならない
2.捨て山の一番上の数字より10を超える数字は出してはいけない。
3.捨て山の100の次は1とみなす。

これが守らなくてはいけないルールです。
もし、ルールが守れない場合【2.捨て山を引き取り手札にする。】をする必要があります。

2.捨て山を引き取り手札にする。

【1.手札から捨て山に「牛カード」を配置する。】が出来ない場合や、したくない場合は捨て山を引き取り手札にしなくははなりません。
プレイヤーは好きな捨て山を選んで捨て山にあるカード全てを手札にします。

捨て山に3枚以上のカードがあった場合、引き取ったプレイヤーは「雄牛カード」を1枚獲得します
獲得した「雄牛カード」はプレイヤーの前に見える様に置いておきます

「雄牛カード」はお得なカードで、「雄牛カード」を持っていれば【1.手札から捨て山に「牛カード」を配置する。】時のルールに従っていれば2枚以上のカードを捨て山に配置することが出来ます。
さらに、「雄牛カード」を2枚持っていれば2つの捨て山に、3つ持っていれば3つの捨て山にそれぞれ「牛カード」を配置することが出来ます。

「雄牛カード」が場に残っていない場合既に配られている「雄牛カード」を一番沢山持っているプレイヤーからを貰います
複数いる場合は獲得プレイヤーが選んでください

ゲームの終了

誰かの手札が無くなった時点で即時終了になります。

手札が残っているプレイヤーは自身の手札の「牛カード」に記載されている"牛マーク"を数えます。
その数がマイナスポイントとなりますので、どこかに記載しておきましょう。

プレイヤー数分繰り返しゲームを行った最終得点で勝敗を決めます。
ちなみに、次のラウンドのスタートプレイヤーは前ラウンドで一番得点が低かったプレイヤーになります。

『11ニムト! / 11 nimmt!』の感想

遊んでから書きます

『11ニムト! / 11 nimmt!』のよもやま話

ニムトの意味は?

"nimmt"がドイツ語で"取る"っていう意味らしいので『11ニムト! / 11 nimmt!』は「11枚取れ!」っていう意味らしいです。
『6ニムト! / 6 nimmt!』の時は分かったよ、意味・・・でも11枚とる時ってどういうことだろう?
相手に対して「11枚取れ」っていう意味なんですかね。

【ゲーム紹介】『ニムト! / 6 nimmt!』 : 牛を押し付けあう
凄く弱った牛は隣の牧場に・・・これ基本ですよ 弱った牛は早々に引き取っときましょう 本記事では『6ニムト! / 6 nimmt!』の気になったことを紹介します! 『6ニムト! / 6 nimmt!』の基本情報 ...
この記事を書いた人
gisawa

ダイス大好きボードゲーマーです。
本質的に運だけで生きているのでそんな深いことは書きませんが、もしやたら詳しいブログが書かれたら勝手に誰かに勝負を挑んでいるだけです。
新作の情報とかよりかは自身が遊んだゲームについてゲーム紹介をしていきます。
自身のゲーム会用のサマリーなんかもアップロードしてたりします。
よろしくお願いします。

gisawaをフォローする
ボードゲーム レビュー・感想
スポンサーリンク
gisawaをフォローする
ギサワログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました