キングオブコント2020 感想

毎年楽しみにしていたのですが、リアルタイムで観る機会が仕事やらなんやらで作れなかったのですが今年は休みだったので堪能できました。

観ながら得点つけて遊んでたのでそれも公開します。
とは言え、素人の点数ですので審査員と異なることも多々ありますし、理由も個人的なものですのでそのようなものが観たくない方は観ない方が幸せです。

お笑いの日の感想

今年は8時間生放送っていうのがCMでバンバン流れていたので楽しみにしていたんですよ。

結果から言うと、私はキングオブコント以外どうでも良かったと思ってしまいました。

特に歌ネタメドレーのグダグダ加減がどうにも受け入れられなかった。
ふわちゃんの芸人紹介みたいなの要る?それならコラボじゃなくて歌ネタだけで良かったと思ってしまった。

ドリームマッチの部分も正直再放送より、若手からの質問の方が私は興味があった。
宮下草薙が何の質問をしたのかが分からなくてもやもやするね。

ネタ番組は通常のネタと1分ネタがあったけど、この辺は観れていなかった。

キングオブコント2020 1回戦 感想

ちなみに、10組中ネタを観たことあるコンビ・トリオは3組(ジャルジャル、ニューヨーク、ジャングルポケット)だけでした。
もう、お笑い好きとは言えないレベルで観てないですね笑

そんな、初見での心証でリアルタイムに審査員が点数を出す前に得点つけながら遊んでみました。

「瀧音」・・・90
大食いの設定が面白かった。
方言が出ていて好感が持てた。
初回だしどんなネタでも90付近になってしまうと思う。
実際私もそれで90にしたし、審査員の方も90の人多かった感

「GAG」・・・92
なんていうかシュール。
入れ替わりが続くのは読めるけど、笛と入れ替えるのは予想外でした。
松本さんには笛の小道具使う感じが不服な個所だったのかもしれませんが、観てる分には面白かったなぁ。
チャンスの時間でかまし練習してたから何かやるのかと思ったけどそんなことはなかった。

「ロングコートダディ」・・・89
肩の出オチかと思ったけどワードとか面白かった。
『段ボール初めてか?』はツボった。
緊張と緩和が凄かった。

「空気階段」・・・93
最初は外国人が憑依するネタかと思ったらラジオだったのはうけた。
そして、散りばめられた伏線を綺麗に回収していく。
なんと綺麗なコント。

「ジャルジャル」・・・88
歌をやじるネタ。
繰り返し繰り返し言うたび面白くなっていく。

「ザ・ギース」・・・85
歌ネタはあまり好きじゃない。
オチも音楽に詳しくなかったのでそういうジャケットがあるのかぁくらいにしか思えなかった。
ハープのインパクトで戦っていたけど、それはハープのポテンシャルだろうと。

「ウルトラぶぎーず」・・・85
勿論、おもしろいんだけれどもくどいタイプの繰り返しだった。
棚のツボをとる位置のパントマイムが同じところから取ってない?とちょっと気になった。

「ニッポンの社長」・・・83
歌ネタがあまり好きではないので。
あと、オチも分かりやすかった。
私は世界観でお笑いを観れるレベルではないので、高度な方向けのネタなのかも

「ニューヨーク」・・・94
序盤は・・・あれ?って感じだった。
終盤の追い込みが素晴らしかった。
MCとの掛け合いでにゃんこスター扱いされて切り替えしてたのは面白かった。

「ジャングルポケット」・・・93
分かりやすいネタ。
テンポが凄く好みだった。

キングオブコント2020 2回戦 感想

「空気階段」・・・86
これも世界観なのかな?
ちょっと私にはわからなかった。
初回、紙を読むところは笑った。

「ニューヨーク」・・・91
帽子を取る取らないのネタ・・・個人的にはものすごく好き。
お客がヤクザとかあまり好きではないのかもしれないけど笑いは少なく感じた。

「ジャルジャル」・・・91
明るいネタ。
他2組に比べて圧倒的に明るく楽しいネタでした。

キングオブコント2020 全体 感想

いつも思うんだけど点数のふり幅を間違えるとそれだけで状況が一変する。
端的に言うと、三村さんの点数が今回の大会はものすごく効いて来たと思った。

今回は掛け合いが弱いような気もした大会だったかも。
空気階段の化粧いじりは面白かった。

ロングコートダディは他にどんなネタをやるかが気になったので調べてみようと思った。
ただ、爆発的に面白いネタは今回見れなかったのは残念かもと思ってしまった。

この得点遊び面白いので、M-1の時などもやってみようか思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました